慶應義塾大学 先導研究センター 宇宙法センター(通称:宇宙法研究所)/ Keio Advanced Research Center for Space Law [Institute of Space law]

日本語
English

「第2回宇宙法シンポジウム」の当日資料を掲載致します。

平成25年3月6日(水)は、気候にも恵まれ、無事に終えることができました。

当日、お越しいただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。

次年度も当研究所のシンポジウム等がございますので、

ご興味ある方々の参加をお待ち申し上げます。

 

タイトルにあります通り、当日資料を掲載致しますので、適宜ダウンロードして利用して頂ければと存じます。

以下、敬称略

内冨 素子

  「慶應義塾宇宙法センター及びJAXAとの共同研究 概要説明

   

坂本 朝子

  「登録の実態を踏まえた宇宙物体登録と損害賠償責任に関する問題点の検討

 

岸人 弘幸

  「スペースデブリ除去を実施する上での宇宙諸条約上の制約と解決策のための予備的検討

 

小塚 荘一郎

  「宇宙活動の産業化と民事法上の問題点

 

青木 節子

  「宇宙法教育:人材育成と宇宙法データーベース

 

Sa'id Mosteshar

  「Space Policy and Regulation in the UK and Europe

 

Brian Israel

  「Help from Above

 

Nataliia Malysheva

  「Overview of Space Law in the States of the Post-soviet area

 

また、当日参加できなかった方で、録音が欲しい方がいらっしゃいましたら、

info@space-law.keio.ac.jp

までご連絡下さい。個別に対応させて頂きます。

なお、録音ダビング用のメディア媒体等は、ご準備頂けますと幸いに存じます。

Copyright © 2012 Keio Advanced Research Center for Space Law [Institute of Space law] All Rights Reserved.